治療方針-薬物療法

薬物療法の目的

精神科の治療においては、薬物療法と精神療法のどちらも重要な役割を持ちます。的確な診断のもとに、最適な薬物が適切に使われた場合、さまざまな精神症状を消失、あるいは軽減させることができます。薬物によって改善が期待できる症状として、抑うつ状態,躁状態,焦燥感,不安感,不眠,幻覚,妄想など、さまざまな症状があげられます。
対症療法的にこれらの症状を改善することができれば、患者様が本来有する自然治癒力の発現を期待できます。

当院の薬物療法

こころの病気でのお薬では、脳に直接作用して症状を抑える向精神薬が用いられます。

脳に作用して精神活動を改善する「向精神病薬」とは?

抗精神病薬

統合失調症の妄想や幻覚、意欲低下などに効果的。

抗不安薬

不安や恐怖、イライラ、緊張を軽減する。

抗うつ薬

うつ病や強迫性障害、社交不安障害の治療に用いられるもので、抑うつを改善する。

睡眠薬

脳の興奮を鎮め、気持ちを落ち着かせ、眠気を催させる

気分安定薬

躁病や躁うつ病の躁病状態の治療に用いられる。異常な気分の高揚を抑える。

副作用について

向精神薬は安全性が高く、医師の指示通りに服薬すれば、危険はありません。
副作用は、薬の種類によって異なりますが、口の渇きや便秘、排尿障害、不整脈、脱力感、筋肉のこわばりなどがみられることがあります。気になる症状が現れたら、医師に伝えてください。

外来診療以外の医療サービス

当院では、外来診療以外にも各種医療サービスで患者さまをサポートしています。

外来受診
こんな時に受診を
初診について
再診について
外来担当表・休診表
新型コロナウィルス感染症対応
治療方針-精神療法
治療方針-薬物療法
治療方針-入院治療方針
デイケア
カウンセリング
医療福祉相談

contact お気軽にご相談・
お問い合わせください

日常生活では気付きにくい心の病気。
少しでも気になることがあればお気軽にご相談下さい。

交通アクセス

詳しく見る

〒511-0243 
三重県員弁郡東員町大字穴太2000番地

外来受付のご案内

受付時間 平日:午前8時30分~11時30分
土曜日:午前8時30分~11時
診療時間 午前9時〜12時
休診日 日曜日・祝日・年末年始
電話番号 0594-76-5511(代表)
外来担当スケジュール